| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --.--.-- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイザックとの出会いの話 (後編)。

前回 (クリックで前編へ)の続き・・・

「・・・・えーっと、でもこのネコ、ちょっとデカないですか?」
「・・・・っていうか、メチャデカない!!??」

そりゃ勝手な想像で来ましたよ。
でも捨て猫が下で鳴いてて、助けたらな可哀想やとか言われたら、

「絶対子猫や思うやん!」

つまり大人だったワケです (正しくは成猫ですね)。
しかも大人というだけでなく、なんかデカい。
とにかく 「大型ネコ」 という印象でした。

Image010~00
  『 なんか文句あんのか~!!』

いや文句ないです・・・。




正直かなりウケたし、こんなにもビッグサイズだけど、
そのネコは何度も何度も脚にまとわりついて、
スリスリ必死でご飯をねだってきて、
やっぱり、だんだん可哀想な気がしてくるわけです・・・。

Image001.jpg

しかも 「一度飼われてて、引越しのために最近捨てられた」 とかいう話。
なんて酷いことを・・・。




見てるとホンマに可愛くて、連れて帰えれたらなぁ・・・と思ってきました。
でも 「ペット飼育禁止やし、ダメだ!ダメだ!」
と、自分に言い聞かせていたのです。

Image064_convert_20090314021623.jpg

だけどそれもつかの間、
結局主人が、「このネコ、飼おう!」 と言い出したのです。
私は頑張って反対していましたが、主人も全然引かない様子。
負けるかという勢いで説得してくるし・・・・。
結局、私の堤防は崩れてしまいました。

こうしてアイちゃんは我が家にきたのです。

私ももちろん飼いたかったので、決まってしまえば、
なんかホッとして、嬉しくなってきました。
主人も家で動物を飼った事がなかったので、
ネコがあんなに懐いてくれた事が、嬉しかったに違いない。




でも今こうやって、アイちゃんと暮らせているのは、
主人が説得してくれたお陰です・・・感謝だな。

Image009.jpg
  ↑ 当時スリムだったアイちゃん 。

ホンマに家に来た人来た人に、
「もらったって、このネコ??!!」
とか言われるし。
スグ連れて行った獣医さんにも、不思議そうな顔で、
「なんで拾われたんですか (こんなに大きいのに)?」
とか聞かれるし。
前後の会話から、明らかにそういう意味がこもってたね。

それでその時に、1才になりたてのオスと判明。
体重はこの時でも、5.2キロ (今は6キロ)。




Image003.jpg
  ↑ 抱くとこのボリューム。

「これで1才なんですか?」 と、思わず聞きました。
このネコは、他と比べて骨格がデカイとのこと。
獣医 (ウィルスミス似) お墨付きの 「大型野良ネコ」 です。
叔父様の話では、その辺の野良猫を蹴散らしてたとか。




07-09-13_16-17.jpg
  ↑ 来て数日でこの態度。

そして今から2ヶ月前、ネコを飼えるマンションに引っ越して、
今はアイちゃんも気兼ねなく、くつろいでおります。
引っ越したのは、家が狭かったってのもありますが、
アイちゃんのため、というのも大きかった。
「捨て猫」 から一転、家買ってもらえるなんて、
なんてラッキーなネコなんだ。




07-09-07_22-01.jpg

でもウチのマンションのペットの規約にある、
「尾の付け根までのサイズが50センチ以内であること」
に納まってないかも・・・・・ネコなのに。

飼うなら、里親を探しているネコにしようと思っていたので、
これで一匹は助けられたかなと、思いたいです。
でも、ネコって拾われて幸せなのかっていつも思います。




Image007~00

ご飯の食べられない日があっても、病気になる可能性が高くなっても、
外で自分の好きなように、縛られず過ごすことが、
本当は幸せだったんじゃないのかって思ったりします。
それを奪ってしまったんじゃないかと、時々考えます。

拾ってあげた方が幸せだなんて、
人間が勝手に思い込んでるだけかもしれないですね。

ちなみに一応写真は全て、家に来た当時のものです。



ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ ↑ のボタンをポチっと!
応援お願いいたしま~す!



[ネコ] ブログ村キーワード
[捨て猫] ブログ村キーワード
スポンサーサイト


| アイザックとの出会い | 2009.03.14 23:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイザックとの出会いの話。

今日は、アイちゃんとの出会いの話。

07-09-18_15-43.jpg

1年半くらい前、主人の伯母様から、
自宅のマンション下にいる捨てネコをもらってくれないか、
という電話がありました。




私達はネコが好きなので、いつか飼いたいなとは思ってましたが、
住んでいたマンションが、ペット飼育禁止だったので、
本当に心が揺れましたが、その電話では断りました。

Image001~00

そして数日後、主人の実家で伯母様と会うことがありました。
車で伯母様を家に送ろうという時に、
「でもまぁそのネコ、見るだけでも見てみよう」
という話になり・・・・
「見たら絶対飼いたくなるで。」 という、
主人のお母様の反対も押し切り、伯母様の家に向かいました。




Image017.jpg

そして家に到着し、伯母様が、
「この子やねん。」
「・・・・・・・???」

私たち夫婦は、驚きを隠せませんでした。
「かわいいやろ?もう一ヶ月近くずーっと鳴いてて、餌ねだってくんねん。
まとわりついてきてな。もうおばちゃん、見てたらかわいそうでなぁ・・・・」




伯母様の必死なセールスが、だんだん可笑しくなってくる・・・。

Image003~00

「えーっと・・・・・でもこのネコ、ちょっとデカないですか?」
「・・・・っていうか、メチャデカない!!??」

と、長くなりそうなので、続きは次回・・・!!
  続きの記事書きました → 『 アイザックとの出会いの話(後編)



ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ ↑ のボタンをポチっと!
応援お願いいたしま~す!


[ネコ] ブログ村キーワード


| アイザックとの出会い | 2009.03.14 04:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。