過去の記事 | PAGE-SELECT | 新しい記事

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


   過去の記事 ⇒   <滑らないハンガーに買換え+衣類カバー編> クローゼット大改造。

   新しい記事  ⇒   猫のダイエット ~低カロリーフードと給餌の工夫で減量成功~

| スポンサー広告 | --.--.-- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイちゃんが膀胱炎になりました。

少し前の事ですが、アイちゃんが膀胱炎になりました。
一応、記録のためにも書いておこうと思います。
検査では悪い物が出なかったので、多分そうだろうという感じですが。

おしっこ一回分の量が少なく、回数が多かったり、
出ないのに、何回もトイレに行ったり、
ウロウロして変に鳴いたり、ずっと落ち着かない感じで、
その日、様子がおかしかったんですよね。
ちなみに様子がおかしかっただけでいつも通り食欲もあり、この日も今も元気いっぱい。

たまたま、だんなさんは出張だったので、
一人の判断で嫌なことになったら怖いしなぁと思い、
その日の内に、病院に連れて行きました。

結果的には、そんなに重いものではありませんでした。
ただ3週間ほど薬を飲ませる事になりました。

Photo0016_20120306032918.jpg

検尿したのが、薬を飲み始めて4日後くらいだったので、
「 薬の効果もあるかもしれないけど、結晶も結石も見られません 」
という事で、とりあえず一安心でした。

pHがホンの少し高めだけど、異常ではない範囲だそうです。
ご飯も、今のトコ見直しは必要ないとの事でした。
一応ご飯も、FLUTD対策フードを食べさせてるんですけどね。
まぁ市販のものが、どれほど効果あるのかわかりませんが。



原因ははっきりわかりませんでしたが、
幸い2~3日で、落ち着かない変な様子は治まり、
2週間程でトイレの回数、量ともに8割ほど改善しました。

Photo0021_20120306033053.jpg
  ↑ 病院に連れて行かれた日の夜・・・・緊張から解き放たれたアイちゃん。

先生の話では、この時期 「 猫下部尿路疾患 」 とやらで、
尿道が詰まって膀胱パンパンの状態で、
病院に運ばれてくる猫ちゃんは多いらしいです。

トイレに行ったり、運動したり、水を飲んだりするのが、
寒くて億劫になるのも原因の一つかなと言ってました。
アイちゃんもそうなのかなぁ・・・確かに冬は暖かい所で寝てばっかりだしね。



病院で 「 猫下部尿路疾患 」 についての、ヒルズの小冊子をもらいました。
  原因や症状など詳しくはコチラ → ヒルズ 「 猫下部尿路疾患 」 のおはなし

原因はいろいろあるみたいなので、該当しそうな事は、
できるだけ排除してあげたいと思います。

Photo0025.jpg
  ↑ 普段は怒られる着る毛布の上で夢の中・・・・アレ?目開いてる?

・・・・とまぁ、そこまでは良かったのですが、
アイちゃん、ここ2~3日お腹を壊していまして、
だんなさんが、電話で病院に問い合わせてくれました。

原因が薬なのかはわかりませんが、一応服用は中止になりました。
薬の服用期間は16日で、そのうち最後の2~3日下している状態でした。

お腹が治らないようであれば、また病院に連れて行く事に。
そのまま治まったら、一週間後くらいに尿検査してもらいに行きます。
膀胱炎は良くなってきているので、お腹も何ともなければいいですが。



あと、常識だったのかもしれませんが、
猫下部尿路疾患のような症状が出て、病院に連れて行く際には、
あらかじめ尿も採取して、一緒に持っていくのがいいようでした。

P2022057a.jpg
  ↑ こちらはあまり降る事のない雪を、あまり乗る事のないIKEAのクッションから眺めるアイちゃん。

その尿も、出来るだけ新鮮なものがいいそうで、
持って来るまで時間がかかる場合は、冷蔵保存してくださいと言われました。
なので行くまでの間冷蔵保存して、念のため保冷材と一緒に持って行きました。

次の尿検査で問題なければ治療終了です。
心配しましたが、発見が早期でしたので、
膀胱炎自体は大事にいたらず良かったです。
あとは、お腹の調子がもどるのを願うばかりですね。

ちなみに今もらっている薬は、全くの人間用の薬みたいです。
私は全然知らなかったのですが、動物病院で処方される薬は人間用が多いそうです。
これも常識だったのかしら?
  飲んでいたのはこちら → ビクシリンS錠キモタブ配合錠

それからアイちゃん、今回も手のひらから薬食べてます。

次回はついでに、アイちゃんのダイエットのお話です。
では、良かったら御覧くださいませ~。



ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ上のボタンをポチッと!
応援お願いいたしま~す!

アイちゃん3 アイちゃん3 アイちゃん3 アイちゃん3 アイちゃん3 アイちゃん3 アイちゃん3


   過去の記事 ⇒   <滑らないハンガーに買換え+衣類カバー編> クローゼット大改造。

   新しい記事  ⇒   猫のダイエット ~低カロリーフードと給餌の工夫で減量成功~

| 体調・ダイエット | 2012.03.06 16:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

37kwさんへ

37kwさん、いつもコメントありがとうございますv-291
寒い季節には、膀胱炎に注意しないといけなかったんですね。
ご心配ありがとうございましたv-435

ジロウ君の幸せ体型、見てて癒されますv-398
アイちゃんもホンのチョットだけ痩せましたが、
まだまだポッチャリポチャポチャなので、
一緒にダイエット頑張りましょうv-291
ではまた遊びに来て下さいませv-290

| youuuchan | 2012/03/08 21:50 | URL |

とばさんへ

とばさん、コメントありがとうございますv-291

とばさんのお宅の白黒猫ちゃん、何も異常がなくてよかったですね!
おかしいなと思ったら、早めに検査してもらうという事が大切なんですね。

新鮮だと血液検査よりも正確とは驚きです。
できるだけ新しいものをと言われた意味がわかりました。
尿でわかるというのは、飼い主にとってはとてもありがたい事ですね。
血液検査では、それを持って人間だけ病院に行く事はできませんし。
私もとばさんを見習わせていただきたいと思います!

なるほど!!お玉ですか!いいアイデアですね!
確かに洗う時に微妙な気持ちになりそうですがv-408

私は、初めてだったのでどうしようかなぁと思ったのですが、
小さいジップロックのような袋の口を折り返して、
底をセロハンテープで、お皿になるように留めた物を使いました。
それをトイレの時に、そーと陰から見て途中でさっと下に敷きました。
わかりにくい説明で、しかも大したアイデアでなくてすいません。

採尿のタイミング難しかったですv-393
病院へ持って行きたいと思う日の、いい時間には当然してくれませんし、
いつ行くかわからないので、ずっと気にしてなくてはなりませんし。
今回も少し目を離したスキにしてたって事が何回もありましたv-406

では!また遊びにきてくださいませv-291
ご心配ありがとうございました。

| youuuchan | 2012/03/08 14:39 | URL |

ドウモです。
寒い季節は大変ですね。
アイちゃん、しっかりと完全復帰して、
ジロウとダイエットしましょう。
ではお大事にー

| 37kw | 2012/03/08 01:30 | URL |

アイちゃん、おつかれさまでした。

ウチの白黒猫にも最近似たような症状があらわれましたが
病院につれていくかどうかの微妙なラインだったため、
運良く採取できたホカホカ(いやな響きですなw)の尿を
持って私だけ病院に駆け込みました。
幸いなことに泌尿器系の異常はみられず、しかもとれたての
尿だったので、かねてから少し心配だった腎臓系の数値も確認
でき、こちらも異常なしとわかってホッとしたところです。
獣医さんいわく、新鮮な尿だと血液検査よりも正確な結果が
出るとのことでした。

でも、採尿はタイミングが難しいですよね。
アイちゃんはどうやって採尿したのでしょう。
ウチは専用におたまを確保しているのですが、洗う時に微妙な
キモチになってしまいます。
あ、薬がもろ人間用というのは初耳でした。
では次回のダイエットの話を楽しみにしております。

アイちゃんのおなかがはやく治りますように。

| とば | 2012/03/07 11:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://isaac888.blog100.fc2.com/tb.php/255-259d98af

TRACKBACK

過去の記事 | PAGE-SELECT | 新しい記事

Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。